お手元不如意ブログ

拙者、ブログ侍じゃ

本格ナンを作ろうとしたら粉味のゴミができた

カレーナンおいしかったなあ。

 

先日食べたばかりの本格カレーナンのことが忘れられない

(下の記事参照)

 

otemoto-funyoi.hatenablog.com

 

 

あ〜また食べたい

 

かといって連日同じカレー屋にいくのも気が引ける。

 

 

 

 

 

 

何より連続で外食なんて贅沢をする余裕はない。

 

 

お手元不如意という名前で投稿してるような人間、懐が寂しいのは察していただけるだろう。

 

 

 

 

 

お金がない

 

 

 

 

はあ、

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

カレーが食べたい

 

 

 

 

 

この心のモヤモヤを晴らしてくれるのはカレーだけだ。

 

 

 

 

お金はないが本格カレーナンが食べたい。

 

 

 

私は無い知恵を絞って考えた。

 

 

 

 

そうだ、

 

 

 

 

カレーナンを自作しよう。

 

 

 

 

 

ナンなんて小麦粉を練って焼いてるだけだし、

一人暮らしで自炊もしている料理の鉄人の私からしたら、

ナンなんて、逆立ちして片手でフルーチェ作りながらでもできるくらいイージーな料理に違いない。

 

(タイトルで結果がバレてますが気にしないでください)

 

 

 

 

そうと決まれば調理開始。

 

早速ナンを作っていく。

 

用意するのは強力粉、薄力粉、ドライイースト、砂糖、塩、ヨーグルト

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914164012j:plain

f:id:otemoto_funyoi:20180914164307j:plain

タイトルからも分かるように失敗作なので今から書くレシピは何の役にも立ちません

 

 

 

まずは強力粉、薄力粉、ぬるま湯を3:3:1くらいの割合で混ぜ、

ドライイーストを加えます。

 

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914165243j:plain

 

 

軽く混ぜ、

塩を適当に入れ、

砂糖をその倍くらい入れて、

ヨーグルトは満足するまで入れます。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914165433j:plain

うわあ、地獄だ...。

 

カレーナンガチ勢とインドの方はここで読むのをやめてください。

 

 

 

 

食べ物の神様、ごめんなさい。先に謝っておきます。

 

 

あと、もったいないおばけさん、今夜うちに出てくるのはやめてください。

 

 

 

 

 

 

しかし、ここまできたら乗りかかった船だ。

発酵作業に移る。

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914170227j:plain

 

 

 

 

発酵後

f:id:otemoto_funyoi:20180914170417j:plain

あれ?

 

私いったい何を作ってたんだっけ?

 

なんでいま丸パンがボウルに入ってるの?

 

おっかしいなあ

 

 

 

 

 

もうヤケクソだ。

 

オリーブオイルをひいてフライパンで焼いていく。

 

熱すれば大体のものは食えると昔おかあさんに教わった。

f:id:otemoto_funyoi:20180914170824j:plain

 

 

 

ジュ~(汚い台所をお楽しみください)

f:id:otemoto_funyoi:20180914171125j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お皿に盛って

 

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914171439j:plain

 出来た!なんだこれ!

 

これが前衛現代アート、小麦の円盤かあ...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914172623j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいな顔してるだろ。

ウソみたいだろ。

死んでるんだぜ。

それで。

たいした調理ミスもしてないのに、

ただ、ちょっと料理主が悪かっただけで。

もう動かないんだぜ。

な。

ウソみたいだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

...

 

 

 

 

続けてキーマカレーを手作りするはずだった私はこの円盤を前にただ失望し、

気づくとセブンイレブンに足を運び、レトルトカレーをレジに置いていた。

 

 

 

 

 

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914173040j:plain

 

ありがとうセブン!

 

ありがとう文明!

 

このカレーがあればあの粉味のゴミ 手作りナンも何とかおいしくいただけそうだよ!

 

 

 

 

いただきます!!!!!

f:id:otemoto_funyoi:20180914173313j:plain

 

 

 

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914173702j:plain

みてよ!これ!(ピンボケ)

すっげえパンなの!ナンじゃないの!パンなの!

 

 

 

 

 

でもカレーがうまいのでナンだろうがパンだろうが円盤だろうがペロリペロリ

 

 

f:id:otemoto_funyoi:20180914174043j:plain

 

ごちそうさまでした!!!

 

これでもったいないおばけ出てこないね!!!

 

めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作ってみてわかったことは、

本格カレーナンはお店でお金を払って食べる価値があるということ。

 

ナンは家だとおいしく作るのが難しいです。 

 

手作りしたら、手間もすごいし、クオリティも低くなってしまうわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

お金がないから手作りしたのに、

 

材料費、お店のカレー代より高くない?

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして貧乏人は今日も散財をしたのであった。